facebook twitter
Welcome!

占星術によく登場する「水星の逆行」とはどのような現象でしょうか。そもそも、占星術における「水星」の意味とは? それが「逆行」するってどういうこと? ここでは、そんな疑問にお答えします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「水星の逆行」とは?

See what happens when planet Mercury spins backward

水星の逆行とは? 2016年4-5月に訪れる逆行の期間は?|無料の星占い・恋愛相性占いのサイト|Tarot.com Japan

コミュニケーションを司る水星は小さな惑星です。しかし実は、とても大きな問題を引き起こす力を持っているのです。

「水星の逆行」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか? それは、茶目っ気あふれる水星が、ホロスコープ上を逆方向に進む現象なのですが、私たちの日々の生活にも多大な影響を与えるのです。

もちろん、水星の逆行から生じる混乱は、上手に抑えることもできます。また、その期間を休息に充てるのも良いアイディアでしょう。

 

水星は、1年に3、4回のペースで、1回につき約3週間、逆行します。ですが、もちろん、実際に水星が逆方向に動くわけではありません。あくまで地球からは、そのように見える、という話です。水星は地球より早く進みます。そして年に数回、地球を追い越します。それにより、逆行して見えるのです。

つまり水星の逆行は実際のところ目の錯覚です。しかし、私たちの生活に与えるその影響は本物。水星が太陽に非常に近い位置にいることで、水星の支配するエリアにおけるパワーが拡大されるからです。

 

スピードを落とし、省みる

水星は、「コミュニケーション」「旅行」「テクノロジー」を司ります。そのことから、水星が逆行している間、これらに関連するすべてのことが停滞すると言われています。人々はイライラしてしまい、誤解やケンカが起こりやすくなるかもしれません。また、車からコンピューターに至るまで、テクノロジーや機械に障害や故障の傾向が見られるのです。

水星が逆行する間、生活のスピードは遅くなります。宇宙が、私たちの前へ前へと進む勢いをブロックしているのですから、もはやスピードを落とすしか対処する方法がないと言ってもいいかもしれません。そのため私たちは、前に進むよりも、深く物思いにふけり、過去を振り返り始めます。それゆえ占星術では、水星が逆行している期間は、新しいプロジェクトを開始する、初めてのデートに出掛ける、結婚をする、旅行に出る、重要な書類や法律書類に署名をする、または、大きな買い物をする、といった行動をするのに合わない時期とされています。

ですが、水星が逆行している間にも私たちは多くのことをすることができます。休息をとって考え事をしたり、未来への計画を立てたりするのには、むしろとても適した時期と言えるでしょう。

 

*2016年の水星逆行期間

1月5日-1月25日
4月29日-5月21日
8月30日-9月21日

 

>> 12星座別 「今月の運勢」

>> 水星の逆行中に重要な「恋愛の5つのルール」

 


この記事を読んだ人におすすめのコラム

>> 12星座の「クオリティ」
>> 「サターン・リターン」を乗り越えて

 

    comments powered by Disqus