facebook twitter
Welcome!

双子座、天秤座、水瓶座。この3つの風の星座についてご紹介しましょう。風のエレメント。知性と客観性、そして社交性というキーワードが考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

風のエレメント(双子座、天秤座、水瓶座)に触れる。

The energy of the Air element, and the traits of Air signs Gemini, Libra and Aquarius

風のエレメント(双子座、天秤座、水瓶座)に触れる。|無料の占星術・恋愛相性占いのサイト|Tarot.com Japan

息をするというのは、私たちが生きていく中では無意識の部分です。ですが、そんな大気を吸いこむ能力がなければ、私たちは存在できません。風はエネルギーのエレメント。それを吸っているわけです。占星術的に言うなら、風のエレメントは精神エネルギーを体内に取り込むことに焦点が当たります。風の星座の人々は、自分たちのアイディアに活力を集中する才能があります。そのアイディアは、まだこの物理的世界に生み出されていないもの…それを彼らはついに成し遂げるわけです。

風のエレメントは、理知的な理想主義を抱いており、時として高尚な優越コンプレックス、過度な優越感も持っているでしょう。何にせよ、このエレメントは他の誰にもないような精神の鋭さを発揮できるのです。

 

「風」について考えるとき、きっといくつかのことが頭に浮かぶでしょう。目に見えない、閉じ込めておくことができない、そして変化しやすい。風は穏やかで芳しいそよ風にも、凶暴な嵐にもなりえます。ですがそのどちらであっても、風はそのことには無関心。広大なエリアをカバーできるというのが風の能力だからです。

 

軽やかな性質

風の星座は、人より知性的でそっけないところがあることで知られます。過度に感情的になることはなく、ロジカルに考え、自分のアイディアの全体像を幅広く実現していきます。また、そんなアイディアと個性を表現するために、行動の自由を多く求める部分もあるでしょう。風の星座は抑えこむことができないのです!

このエレメントは日常生活にある目の前の経験とは距離を置いています……必要以上に触れず、けれど常にその近くには漂っているのです。この超然としたところが、風の星座に客観性を与え、その才能を多くのことに対して使わせるのでしょう。

皮肉なことに、風は感情や繊細さに欠けているにもかかわらず、もっとも社交的なエレメントなのです。なぜそんなことが可能なのでしょうか? 風には客観的に人や、グループの考え方を評価することができるからです。それに自分が賛成するかどうかにかかわらず。

 

風のエレメントの短所は、時として全てを自分の頭の中で考えてしまい、メンタルのバランスを崩しかねないという点。風の持つ、エキセントリックな側面というのがこれです。思考力を過剰評価してしまうと、この物理世界で生きていくのはとても難しくなるでしょう。

 

星座ごとに見てみましょう

風の星座は3つ。双子座、天秤座、そして水瓶座です。基本的なエレメントの性格は共有していますが、それぞれ異なる表現を持っています。

双子座: 自分の周辺の全てのことにすぐ気がつき、コミュニケーションを取るという鋭い能力。ここに風のエレメントが顕れています。

天秤座: 自分の持つ知性を、社交の場での調和をつくり出すことに用いるところが、風のエレメントらしさでしょう。

水瓶座: 全ての人、あらゆる考えと接するために、際立って客観的である点に、風のエレメントが発揮されます。


この記事を読んだ人におすすめのコラム

>>【無料】3ヶ月以内に訪れる運命の選択
>> イタリアの素敵な「星占い事情」
>> 相手(彼)の気持ちはあなたと同じ?

 

 

    comments powered by Disqus