facebook twitter
Welcome!

牡羊座、獅子座、射手座。この3つの「火の星座」について、ご紹介しましょう。火のエレメント。それはまさに光と暖かさをもたらすものです…。

このエントリーをはてなブックマークに追加

火のエレメント(牡羊座、獅子座、射手座)の話を。

The energy of the Fire element, and the traits of Fire signs Aries, Leo and Sagittarius

火のエレメント(牡羊座、獅子座、射手座)の話を。|無料の占星術・恋愛相性占いのサイト|Tarot.com Japan

火のエレメントは無視できませんね。火は、光と暖かさをもたらします。火がなければ、人は生きていくことはできません。そして火の星座は興奮しやすく、元気で熱狂的。自覚しているにしろ、いないにしろ、注目を集めます。自分に正直になりましょう…火の星座の人は、自分が他の人に与える影響をよく分かっています。周りの人々の人生を照らし出すのです!

火の星座の人々は、喜びをもたらす存在としても知られています。彩りを、そして生意気さを。それがなければ世界はつまらないでしょう。このエネルギーは抑えることができません。火のエレメントは、私たちの基本的な生きる力にとって不可欠なのです。自分の個人的なアイデンティティ形成に焦点をあてたエレメントとも言えるでしょう。

「発破をかける」という言い回しは、火のエレメントが潜在的に持つ力を要約しています。火以上にあなたを動かしてくれるものはありません。火のエレメントは、疑う余地なく、もっともアクティブで自発的、活き活きとした力です。もしあなたが火の星座の人なら、他人に発破をかけてもらう必要はないでしょう。自然とそれができるはずだからです。

 

燃える性質

火のエレメントは勇気と自信、イニシアティブを担います。火は恐れることがありません。それどろか、恐れられる側でしょう。興味深いのは、火のエレメントはやたらと破壊したがるわけではないということ…それができるにも関わらず、です。火は大胆で率直で、時として無謀、もしくは我慢がきかないものでしょう。しかし悪意があるわけではないのです。火のエレメントには、自分自身を自由に表現したいという無邪気で正直な性質もあります。まるで子供のように。

 

星座ごとに見てみましょう

火の星座は3つ。牡羊座、獅子座、そして射手座です。基本的な火のエレメントの性格は共有していますが、それぞれ異なる表現を持っています。

牡羊座: 強い自我の形成に関心があります。この星座は行動と結びついており、生まれながらのリーダー。結果的に、牡羊座はその火の性質を新たな体験を促すことに用いています。

獅子座: 火のエレメントの光と炎を、暖かさと喜びを持続させるために用います。獅子座は楽しいこと、ドラマティックなことを愛し、その大胆な火の性格で個人のドラマを展開し、尊敬を集め、周囲に認められるのです。

射手座: 人生の真実を永遠に探し続ける火の星座です。射手座はその火のエネルギーを使い、自分の意見や理想を果敢に主張するでしょう。そして尽きることない楽観主義と創造的思考を養うのです。



この記事を読んだ人におすすめのコラム

>> 無料の相性占い
>> イタリアの素敵な「星占い事情」
>> 相手(彼)の気持ちはあなたと同じ?

 

 

    comments powered by Disqus