facebook twitter
Welcome!

火星は、2017年4月21日から6月4日にかけて双子座を運行します。この時期に私たちにもたらされるのはどのようなエネルギーでしょうか。気をつけるべき点とは? アメリカで人気の占星術家マリア・デシモネがご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

火星が双子座へ

Mental energy starts to gain traction with the Warrior planet in the sign of the Twins

Maria DeSimone
火星が双子座へ|無料の星占い・恋愛相性占いのサイト|Tarot.com Japan

*こちらの記事に含まれる日付はアメリカ時間を基準にしています。日本では同日の午後から翌日の午後にあたります。

さあ、頭を使うときです。有言実行、そしてそのアイディアを現実にしましょう! なぜなら主張の惑星である火星が知的な星座である双子座にいるのですから。思考は止まりません。とにかく理知的なトランジットです。この熱狂的エネルギーを役立ててください。

2017年4月21日から6月4日にかけて、火星は双子座を運行するので、あなたは新たなアイディアにモチベーションを高められるでしょう。そしてそれらを実行するために必要な情熱もあるはずです。あなたは勇ましくコミュニケーションを取り、知性を刺激する様々なプロジェクトを追い求めます。ここからの数週間、脳内は活動的に沸騰し、退屈する暇はありません。あなたの身体はまるで楽器のように感じられるのではないでしょうか。いつもよりそわそわして、機敏さが増します。心と身体を組み合わせるようなスポーツをするにもいいでしょう。

 

行き止まりはありません

双子座の火星により、あなたは自分の信じるもののために闘います。しかし、それは感情的なやり方ではありません。今の自分にとって大事なものを追い求め、あなたは非常に論理的になります。柔軟性もあります。もしプランAがうまく行かなければ…問題ありません。すぐにプランB、C、Dと思い浮かびますよ。

好奇心があなたの原動力となります。それはベッドルームでも同じこと…火星は性衝動の惑星でもありますから。

 

ゴールまで見届けて

火星が双子座を運行していると、興味をそそられるものがたくさんあるので気が散りがちです。たくさんのことに手をつけて、結局どれも終わらないなんてことにならないように気をつけてください。そうなるとあなたはくたびれるだけで、イライラしてしまいます。また、コミュニケーション能力の高まる時期ですが、怒っているときは要注意。言葉を抑えがたい武器のように使ってしまわないようにしましょう。

火星はおよそ2年に一度、双子座を運行します。でも今回の火星は、ユニークなアスペクトもいくつか形成しそうなのでそれもまた考慮しておくべきでしょう。

 


この記事を読んだ人におすすめのコラム

>> 12星座占い「深い恋愛関係を手にできない理由」
>> 【無料の相性占い】 生年月日で相性診断!
>> 「惑星の逆行」を知りましょう

 

    comments powered by Disqus