facebook twitter
Welcome!

占星術の12星座は、いくつかのグループに分類することができます。その区分のひとつが「クオリティ」。クオリティによって3つに分けられた星座たちは、それぞれどのような特徴を持っているのでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

12星座の「クオリティ」

Explore the meaning of Cardinal, Fixed and Mutable signs

TAROTCOM STAFF
12星座の「クオリティ」|無料の星占い・恋愛相性占いのサイト|Tarot.com Japan

さあ、占星術についてもう少し深く飛び込んでみる準備はできていますか? もうすでに、12の星座があること、さらに4つの元素(エレメント・火、地、風、水)があることはご存じでしょう。でも、クオリティと呼ばれる3つの区分については聞いたことがありますか?

3つの区分は、活動宮、固定宮、柔軟宮と呼ばれ、行動の特性を表します。どの星座も3区分のいずれかひとつに影響を受けています。これらの区分はそれぞれ、春夏秋冬の4つの季節における特定のポイントによって定義されています。活動宮は新しい季節の始まり、固定宮ではその季節の重みが深まり、柔軟宮は季節の締めくくりです。

秋を例にして考えてみましょう。秋分は9月22日です。この日は太陽が天秤座に入る日でもあります。秋分を境に秋が始まりますから、天秤座は秋という季節の始まりで、活動宮ということになります。蠍座は秋の中ごろに始まるので固定宮です。そして太陽が射手座に入ると、秋は締めくくられるので、射手座は柔軟宮です。

 

占星術はニュアンスが全てです。真に星座を理解するには、それぞれが結びつくクオリティについて知らなければなりません。さて、クオリティのつくりが分かったところで、活動宮、固定宮、柔軟宮のそれぞれについて詳しく見ていきましょう。おのおの、どのような意味を持ち、どんな風にあなたの性格を形づくっているのでしょうか?

 

活動宮(Cardinal signs)

活動宮とされる星座は4つあります。牡羊座、蟹座、天秤座そして山羊座です。これらの星座は新しい季節の始まりにあたるので、率先して何かを始めようという気力、イニシアチブに満ちたエネルギーを持っています。活動宮の星座は衝動的でダイナミック、新しいことをスタートしようとする押しの強さがあります。概して、バース・チャートに活動宮にあたる星座がある人は、新しいアイディアやプロジェクトをよりたくさん生み出す傾向があり、逆に活動宮に惑星が入っていない人は受身になりがちでしょう。

 

固定宮(Fixed signs)

固定宮は、獅子座、蠍座、水瓶座そして牡牛座の4つです。これらの星座では、それぞれの属する季節の重みを支えることで、たくましさをもたらします。固定宮の星座は非常に忍耐力があり、バース・チャートに、より多く固定休のエネルギーを持っている人は、安定していて、集中力があります。他方、固定宮のエネルギーが弱い人は、辛抱強さや忍耐力があまりないかもしれません。

 

柔軟宮(Mutable signs)

柔軟宮の4サインは、射手座、魚座、双子座そして乙女座。これらの星座は季節の終わりにあたるため、それぞれのエネルギーは物事の展開や変化を予感させます。バース・チャートに柔軟宮の星座がある人は、柔軟性が高く、自分の周囲で起こる変化を受け入れて適応する能力が高い傾向があります。柔軟宮のエネルギーが弱い人は、頑固で、融通がきかず、新しい状況に適応するのも苦手です。

 

3区分の使い方

占星術を学んでみると、すべての人が、さまざまなサイン、エレメント、そしてクオリティの混ざり合ったバース・チャートを持っていることに気づくでしょう。3つの区分が持つエネルギーの意味を理解して、12星座や4要素の情報と組み合わせてみると、より完成された全体像を見ることができます。

例えば、牡羊座はエレメントでは火、クオリティでは活動宮です。この「活動宮の火」というコンビネーションは非常に大胆な性質をもたらすので、バース・チャートで牡羊座のエネルギーを強く受けていればいる程、その人は堂々と立ち向かう性質を帯びることになります。一方で、牡牛座は地のエレメントの固定宮。全体的なエネルギーはとてもゆったりとしていて、地に足がついています。

自分のバース・チャートに、どれくらい、どのクオリティのエネルギーが含まれているか理解することはとても重要です。この占星術的なニュアンスこそが、私たちの個性を形づくるのです。太陽星座だけでなく、それ以上の情報を知ることが、占星術を理解する鍵なのです。

 

 


この記事を読んだ人におすすめのコラム

>> 「水星の逆行」とは?
>> 「サターン・リターン」を乗り越えて

 

    comments powered by Disqus