facebook twitter
Welcome!

太陽が双子座に入りました。双子座は知性的で軽やかな星座です。あなたにはどんな時間が訪れるでしょうか? すべきことは? 着るべき服は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽が双子座へ

Explore all your options with this curious Gemini energy!

太陽が双子座へ|無料の星占い・恋愛相性占いのサイト|Tarot.com Japan

*こちらの記事に含まれる日付はアメリカ時間を基準にしています。日本では同日の午後から翌日の午後にあたります。

 さあ、ペースを上げる時です! 太陽は2017年5月20日から6月20日にかけて快活な双子座を運行します。軽やかな気分で新たな人々と出会いましょう。そして新たなアイディアを探し、新たなことを学ぶのです。

双子座は好奇心旺盛で知性的な星座です。水星と、足に翼の生えた神に支配されています。すなわち双子座はアイディア、情報、そしてコミュニケーションと結びついているのです。だから我々の多くはいつもより考え、分析し、学び、会話することになります。

 

双子座は落ち着きがなく、一度に20個の面白いことをやろうとする星座でもあります。ひとつのことに集中するのはつまらないのです。ですが、この集中されないエネルギーが双子座を気が散りがちで始めたことを終えられないかのように見せるのでしょう。太陽が双子座にいる期間は、あなたにもこの現象が起こるかもしれませんが、驚かないで。

一部の人には混乱を招く時期かもしれません。なぜなら双子座には2つの側面があるから。暗い側面と、明るい側面。「双子」によって象徴されるものです。全ての状況を両方のサイドから眺め、一瞬で雰囲気を変えられることを意味しています。

もしあなたの気がどんどん変わって、じっと座っているのにトラブルが起こるなら、双子座の太陽の影響が考えられるでしょう。

 

5月17日から23日ごろに生まれた人は「牡牛座-双子座カスプ」生まれです。6月18日から24日ごろなら、「双子座-蟹座カスプ」。カスプに生まれるというのはつまり、2つの星座の移り変わりの中に生まれたということ。両方の星座の特徴を有しているのです。

何より、この時期に双子座は、愛情があって無邪気で楽しいエネルギーをみんなにもたらします。自分の能力以上に背伸びするようなことがなければ、眩しくて遊び心のある双子座の力があなたの生活を照らしてくれるでしょう!

 

すべきこと: 一度にたくさんのことを! 双子座はじっと座ってひとつのことをやるにはアクティブ過ぎるのです。テレビを観て、サンドウィッチを食べながら、PCのブラウザで10個のタブを立ち上げて仲間たちと会話をしてみたり。いつも以上にマルチタスクをしていてもびっくりしないで。そしてその半分も終わらなくても、自分に厳しくしすぎないこと。

 

言うべきこと: 聞いてもらえるなら全ての人に、あらゆることを。双子座は「コミュニケーター」です。言うべきことがたくさんあります。ノンストップでしゃべりつづけ、質問を続けます。「なぜ? なぜ? なぜ?」と。どこへ行ってもいつも以上におしゃべりが聞こえてくるでしょう。

 

行くべき場所: 太陽が双子座を運行していると、私たちの知識欲は高まります。旅や図書館へ行くことで自分の欲求を満たしましょう。新しい相手と会うことで、新たなことを学べます。だから外へ出かけてください。あらゆる招待を受け、可能な限りの人々と会うのです。

 

着るべきもの: 双子座は人生をシリアスには考えません。この時期にぴったりの衣装は、遊び心があってカラフルなもの。好きなものを着ましょう。でも、作業着や水着、カクテルドレスなどをスペアバッグに入れておくことを忘れずに!

 

買うべきもの: 「コミュニケーション」に役立つものは何でも。たとえば本、コンピューター、iPad、かわいらしい文房具…。それと、真っ白な日記と素敵なペンは忘れずに! アイディアが突然降ってきて書き留めたくなる時期ですから!

 

気をつけるべきこと: とってもアクティブな双子は時に考えすぎ、分析しすぎて不安になってしまうところがあります。もしそうなったら、リラックスできることをしましょう。ヨガをしたり、バカバカしいテレビを観てみたり。双子座は性急で痛烈なウィットを持つ星座でもあります。なので速く話しすぎたり、ぶっきらぼうな意見で人の感情を傷つけてしまわないように。

 

楽しみにすべきこと: 楽しんで、新しい人々と出会い学べるでしょう。待ち望んでいることは何ですか? 始めるべきです。今はたくさんのことをすべきなのです!

 


この記事を読んだ人におすすめのコラム

>> 12星座の「クオリティ」
>> 「サターン・リターン」を乗り越えて

 

    comments powered by Disqus