facebook twitter
Welcome!

占星術の始めの一歩… いわゆる「12星座」は占星術の入り口に過ぎません。でも詳しく知ろうとしても何から見ればいいのか分からなかったり。ここでは、まず知っておくべき考え方、「ハウス」「アスペクト」などの用語をご紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

星占い…西洋占星術とは

Answers to your Astrology questions

西洋占星術とは|無料の星占い・恋愛相性占いのサイト|Tarot.com Japan

ここでは、「そもそも西洋占星術とはどんなものなのか」を見ていきます。

占星術に興味を持ち始めたばかりという方でも、占星術の基礎を改めて復習したいと考えている方でも、もしくは、このサイトの星占いについてもっと理解したいという方でも… ぜひここで疑問を解決していきましょう。

 

占星術はどんな風に役に立つもの?

いろいろなケースがありますが、占星術はほとんど全ての人にとって役に立つものです。

まず占星術はその前提として、人間が「多様」であるという点に価値を認めています。人は太陽星座… つまり生まれた時に太陽が入っていた星座(たとえば普段「私は獅子座です」と言うような場合の星座は、これにあたります)だけで単純に語られるべきものではないのです。ひとたびそのことを理解すれば、実はそれぞれの個人というものが、12星座の持つ「特性」がそれぞれ異なる割合で混ざり合ってできているユニークな存在なのだということが分かってくるでしょう。

ですから、もし他人に対して「どうしてそんな行動をとるのかわからない」と思うことがあれば、「う~ん、蠍座に惑星が3つもある人には世界はどう見えるんだろう」と言ったように考えてみると、もっと寛容に受け止めてあげることができます。人間のありようについて新しい見解が得られ、結果的にうまく付き合えるようになるのです。占星術によって、私たちは、人間ひとりひとりが驚くほどに違うということを、頭で理解するだけでなく、より前向きにとらえて尊重できるようになります。占星術の他に、こういったツールはないでしょう。

人々は占星術を、実にさまざまな目的で使います。株式市場への投資やビジネス上の決断の是非、政治的状況や社会情勢の分析など、占星術の守備範囲は無限と言っていいほどに幅広いのです。

 

生まれた時刻が重要なのはなぜ?

出生時刻が重要なのは、占星術を構成する惑星や宇宙のパワーが常に移動しているからです。場合によっては、たった1時間の違いであっても占星術の正確さに影響を与えうるでしょう。生まれた時の月の位置やアセンダントの星座(生まれた時に東の地平線上から上ってくる星座)は、占星術ではとても重要な要素ですが、これらは1日を通してホロスコープ上を大きく動いており、位置がすぐ変わってしまいます。占星術家は、これらの惑星の正確な位置やその他の鍵となる要素を基に、詳細で明確、具体的な占いを行うのです。

自分の出生時間は、出生証明書を見たり、両親に聞いたり、母子手帳やあなたが生まれた病院での記録(通常ここから最も正確な出生時刻が分かります)で確かめると良いでしょう。もし正確な出生時間が不明なら、可能な範囲で正確に調べるようにしてください。ほとんどの母親は、ぴったりとはいかなくても、子供がうまれた大体の時刻を覚えているものです。

 

「ホロスコープ」とは?

出生時のホロスコープとは、あなたが生まれたその瞬間の惑星の位置を、分かりやすく表した図です。ホロスコープは通常、円の形をしていて12の「ハウス」と呼ばれるセクションに分けられています。そして惑星たちは、それぞれに「エネルギーのタイプ」やそれが「どう表れるか」を反映します。また、ハウスはこれらのエネルギーが発せられる人生における「分野」や「環境」を示しています。

 

占星術に出てくる「惑星」って?

占星術では主に、10個の惑星が取り上げられます。太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星そして冥王星です。
地球はどうするのか、と思いましたか? 占星術は、地球を中心に考えるのです。つまり、宇宙の中で地球は動かないものと考え、そんな地球上の、自分のいる場所から見た他の10の惑星の見え方で、物事を占っていきます。

それぞれの惑星は異なったエネルギーを放っています。そしてこれらの惑星がホロスコープのどこにあるかで、地球上の私たちの生活は影響を受けるのです。

 

「ハウス」とは何ですか?

あなたの生まれたときのホロスコープの図に記載されているハウスを見ると、惑星や星座があなたの人生に与えている、より具体的で詳細な影響をピンポイントで読み解くことができます。たとえば、あなたのホロスコープで「牡羊座」のところに「金星」があるとします。そしてあなたの親友も、同じく牡羊座に金星を持っているとします。しかし、同じ牡羊座の金星を持っていても、2人の金星は恐らく異なったハウスに属しているでしょう。それによって、牡羊座の金星の持つエネルギーは、あなた方の人生の全く別の側面に対して影響を与えることになり、2人を違う人格にしているのです。

ハウスは正確な出生時間から導き出されるもので、占星術で使用する12のハウスのそれぞれが、人生の異なったエリアに関連しています。そのエリアは恋愛関係やコミュニケーションのスタイル、そして精神世界とのつながりにまで及びます。

 

「アスペクト」とは?

惑星が宇宙の中を動いていく過程で、惑星同士がいろいろな「角度」を形成する場合があります。これらの角度は、惑星と惑星との関係や、2つの惑星が一緒になってもたらす影響について教えてくれます。

占星術でよく使用される6つの主なアスペクトは、コンジャンクション(0度)、セクタイル(60度)スクエア(90度)、トライン(120度)、クインカンクス(150度)、そしてオポジション(180度)です。調和がとれていて好ましいとされるアスペクトがある一方で、ストレスを感じさせ好ましくないアスペクトもあります。

占星術家は、これらのアスペクトを活用して、あなたの毎日の運勢から世界の大きな変化に至るまでを予測するのです。

 


この記事を読んだ人におすすめのコラム

>> 12星座の「クオリティ」
>> 「サターン・リターン」を乗り越えて
>> 相性占いであの人との相性を診断!

 

    comments powered by Disqus