facebook twitter
Welcome!

大アルカナのカードはとても重要なメッセージを伝えるカードです。女司祭長のカードが持つキーワード、意味、解釈の仕方について見ていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

女司祭長

The High Priestess

女司祭長のタロットカードの意味|無料のタロット占いサイトTarot.com Japan

絵柄の意味
「女司祭長」のタロットカードに描かれている人物は伝説上の人物・女教皇ヨハンナをモチーフとすると言われる。カトリック教会では女性が司祭以上の職に就くことを認めていないため、現実には有り得ないものとして扱われる「女司祭長」はしばしば「反ローマ教皇」の象徴とされる。

趣旨
直感や平常心、知性などを意味する。
落ち着いた心境や状況、聡明さや知性を表し精神性を強く表しているカード。

女司祭長のタロットカード

女司祭長のカード(正位置) ~心に安らぎと知性を感じ、満たされる時~

キーワード
直感・知性・安心・満足・期待・聡明・ゆとり・雰囲気・安らぎ・清らかな心

意味・解釈
正位置の「女司祭長」のタロットカードは、直感や平常心が知性に満ちていることを意味しています。人の心を自然に満たし、安心感や穏やかな安らぎ、清らかな判断を与えてくれるカードです。温かな心を持てる喜びを人の心に届けてくれるはずです。たとえ心が整頓されていない状況からでも、不思議とゆとりのある思いを感じることができるように導いてくれるでしょう。

このカードは、あなたの判断が周りの人の心も温めているのだと伝えています。冷静な決断もその言葉も、けして周りの期待を裏切るものではありません。なぜなら、あなたの心に透明で新鮮な流れがたたえられているからです。このカードを選んだ時、あなたは周りの大事な人たちと心を共有することができ、多くの希望をともにすることができます。



女司祭長(逆位置) ~信念や希望など、何かを諦めなければならない時~

キーワード
諦め・悲観・無気力・不安定・優柔不断・現実逃避・疑心暗鬼・自己中心的

意味・解釈
逆位置の「女司祭長」のタロットカードは、諦めざるをえない状況を意味しています。冷静な状態の中で感じる悲観を人にもたらすカードで、現実の厳しさを教えます。周りのものや人を信じる心や、他の人のことを思いやる心を人から奪っていこうとするのです。足元から何かが崩れ去っていくような音を耳の奥に響かせるでしょう。人を、悲観的な考えから逃れられなくしてしまいます。

このカードはあなたに、今は耐える時だと伝えています。信じていたものや信念を貫くことができず、自暴自棄になってしまうかもしれません。しかし、このカードを選んだ時、あなたには周りの要望や真実がはっきりと見えてくるでしょう。それを正面から見つめることで、あなたは本来の聡明さを取り戻せるはずです。

 

大アルカナのタロットカードの意味を見る

 


この記事を読んだ人におすすめのコラム

>> 鏡リュウジ 「ようこそ、タロットの世界へ」
>> 小アルカナ

 

    comments powered by Disqus