facebook twitter
Welcome!

タロットでよく登場する、「大アルカナ」「小アルカナ」。そのうち小アルカナが果たす役割とは何なのでしょうか。ここでは、タロットカードの構成と、小アルカナの持つ意味について改めて振り返ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

小アルカナ

A guide to Tarot's supporting actors

TAROTCOM STAFF
タロットカード 小アルカナの意味|無料のタロット占い Tarot.com Japan

小アルカナは、決して「小さい」ことはありません。

クラシックなタロットデッキは、大アルカナ(22枚)と小アルカナ(56枚)の78枚のタロットカードで構成されています。タロット占いに初めて触れる人は、より影響力のある大アルカナばかりに注目しがちですが、タロット占いを仕上げて物語を完成させるのは、小アルカナの仕事。

タロットカードの小アルカナは4つのスートから成っています。それらは杖、杯、剣、そして硬貨。それぞれのスートは14枚のカードで成立しており、エース(1番)から始まり、2番~10番の数札は、あなたの過去、現在、未来に起こった出来事、あなたが直面するかもしれない障害、あなたが感じるかもしれない恐怖、あるいは、あなたへの助言を示しています。そして4枚の人物札(コートカード):従者、騎士、女王、王は、あなたの人生に登場する人々を象徴することが多く、あなた自身を表すこともあります。

それぞれのスートは、総合的なテーマを表現しており、杯は「感情」、硬貨は「物質の価値」、剣は「挑戦」、杖は「行動」を象徴しています。

一般的に、小アルカナのカードは人々の日々の暮らし、生活から影響される心の浮き沈みを表しています。大アルカナが人生の大きなターニングポイントを示唆するのに対し、小アルカナのカードは日常的な小さな決断を手助けするための、細やかな洞察を表現しているのです。ですが毎日の小さな積み重ねこそが、最終的に何か大きなものにつながります。

タロット占いは、大アルカナと小アルカナのタロットカードを理解すること、そして、この2つのアルカナがあなたの人生において何を暗示しているかを学ぶことで、より深い解釈ができます。さあ、どんなカードが現れるか、実際に タロットで占ってみましょう。

 

小アルカナのカードの意味を見る

 


この記事を読んだ人におすすめのコラム

>> 鏡リュウジ 「ようこそ、タロットの世界へ」
>> 大アルカナ
>> 【無料のタロット相性占い】このままの恋愛を続けて大丈夫?
>> 【無料のタロット占い】相手の気持ちはあなたと同じ?

 

    comments powered by Disqus