facebook twitter
Welcome!

小アルカナの剣(ソード)の8について。そのキーワードと意味、正位置・逆位置の場合の解釈の仕方について見ていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

剣の8

Eight of Swords

Shinju
剣(ソード)の8の意味|無料のタロット占いサイト Tarot.com Japan

絵柄の意味
体と目に白い帯を巻かれた人物が、荒野に立ち尽くしている様子が描かれています。
地面、剣、水が描かれている事から、この人物は現実を認識しており(硬貨)、思考(剣)と感情(杯)を働かせているけれど、動く意欲(杖)は抜け落ちている事、そのために周囲を取り囲む剣に触れずにいられている、傷つかないでいられている事が読みとれます。

趣旨
自らの考えによって動けなくなっている状態を意味します。主に女性を象徴するカードです。

剣(ソード)の8

剣の8(正位置)
~考えすぎて動けない時、机上の空論に捕われている時~

キーワード
閉塞感・孤独感・孤立・考え過ぎ・心配性・視野狭窄・身動きがとれない・動く気になれない・現状が見えていない・憶測に心捕われている

意味・解釈
正位置の「剣の8」は、実際に起きてほしくない事を考えて動けなくなっている時、周りが見えないおかげで、傷つかずにすんでいる事などを意味しています。思考が過剰になっていて、動く事が後回しになっている状態です。外に出たり動き回ったりする事が難しい状態ですが、外界からの影響からは守られています。

このカードはあなたに、考えるのを一旦やめて、周りを見回してみましょうと伝えています。「ああなったらどうしよう」「こうなったら困る」という事にではなく、「こうなったら嬉しい」「そのためには何ができるか」という方向に、思考のベクトルを切り替えて下さい。そして、杖が象徴する情熱、意欲がわいてくるような想像を膨らませましょう。気分が沸き立ってくるような想像が行動力を刺激し、最善の道を歩ませくれます。頭だけにではなく、体にも頼ってみてください。



剣の8(逆位置)
~迷いが晴れて、動けるようになる時~

キーワード
解放感・閉塞感からの脱出・視野狭窄からの回復・考え事をやめる・自由に動き回れるようになる・拘束が解ける

意味・解釈
逆位置の「剣の8」は、自由に動き回れるようになる事、動く気力が戻ってくる事などを意味しています。自分の意志が固まったり、周りの状況が見えるようになって、安心して行動できるようになったりするのかもしれません。

このカードはあなたに、あれこれ考える事よりも、まずは第一歩を踏み出してみましょう、準備は整い、あとは実践あるのみの状況ですと伝えています。8は精神的自立への第一歩を表す数字です。スムーズにいかない時や、傷ついた思いをする事もあるかもしれませんが、自分の頭で考え、自分の責任で決め、自ら実践するという一連のプロセスを通して、自分で自分の人生を選ぶことを、身を以て知るタイミングがきています。これまでの経験とそこから得た知恵を、毎日をより豊かなものにするために、実際的に活かしていきましょう。

 

剣のスートのそれぞれのカードの意味

 


この記事を読んだ人におすすめのコラム

>> 鏡リュウジ 「ようこそ、タロットの世界へ」
>> 杖のカード
>> 杯のカード
>> 硬貨のカード
>> 大アルカナ

 

    comments powered by Disqus