facebook twitter
Welcome!

小アルカナの剣(ソード)の4について。そのキーワードと意味、正位置・逆位置の場合の解釈の仕方について見ていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

剣の4

Four of Swords

Shinju
剣(ソード)の4の意味|無料のタロット占いサイト Tarot.com Japan

絵柄の意味
教会に置かれた石棺が描かれています。
石棺のふたには、横たわった騎士の像が彫られ、これまでに溜まった心身の疲労を癒し、再び行動を始めるための、小休止をとっているようにも見えます。

趣旨
休憩や、心身を休めることを意味します。剣が象徴する思考、言葉、集中力を用いる事を休むことを表します。

剣(ソード)の4

剣の4(正位置)
~心身を休めることができる時、休むことが大事な時~

キーワード
休憩・休暇・休養・一時休戦・小休止・寝る・頭の中を静かにさせる・おとなしくしている・休むことに集中する・疲労回復・動きはない

意味・解釈
正位置の「剣の4」は、一時的な休止や休憩などを意味しています。頭や体を動かしていない事、心身を休めることの方がかえって効率的である事、状況が変化するまでにはまだ時間がかかるため、今の内にコンディションを整えておく必要がある事などを指して、このカードは表れます。

このカードはあなたに、今はゆっくりと休む事だけを考えましょうと伝えています。特に頭を休めることが大事ですから、なにも予定を入れない日を作ったり、ぼうっとする時間を作ったり、「寝休日」を決め込んだりするのもよいかもしれません。いずれ、なぜそうしておく必要があったのかがわかる時が来るでしょう。また、4は個人的なスペースと安定を表す数字です。忙しく慌ただしい毎日を送っている人には、自分だけの時間を満喫できる環境がもたらされるのかもしれません。



剣の4(逆位置)
~準備は整っているのに、動き出せない時~

キーワード
開店休業状態・準備は整ったが出番がない・動き出すきっかけを失う・本来の目的を忘れて休んでいる・休み疲れ

意味・解釈
逆位置の「剣の4」は、小休止が長引きすぎている状態や、休憩を生かせていない状態を意味しています。動き出すのが億劫になっていたり、動き出すきっかけを逃してしまったり、準備は整っているのに外部からの動きがなかったりする時、このカードは表れます。

このカードはあなたに、機は熟しています、動き出しましょう、外に目を向けましょうと伝えています。すでに動き出しているのなら、今エネルギーを注いでいる先以外に目を向けるべきものや、他にやるべき事があり、そちらが本来の道である事を知らせているのかもしれません。外部の状況を指して表れたなら、あなたの目に動きが見えるまでには、まだしばらく時間がかかりそうです。その間は、他の事をして時間を潰していてもよいかもしれません。

 

剣のスートのそれぞれのカードの意味

 


この記事を読んだ人におすすめのコラム

>> 鏡リュウジ 「ようこそ、タロットの世界へ」
>> 杖のカード
>> 杯のカード
>> 硬貨のカード
>> 大アルカナ

 

    comments powered by Disqus