facebook twitter
Welcome!

小アルカナの杖(ワンド)の4について。そのキーワードと意味、正位置・逆位置の場合の解釈の仕方について見ていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

杖の4

Four of Wands

Shinju
杖(ワンド)の4の意味|無料のタロット占いサイト Tarot.com Japan

絵柄の意味
華やかに飾られたアーチの向こうから、2人の人物が手を振る様子が描かれています。ここは大きな屋敷の庭にあるパーティー会場で、大勢の人たちが着飾り、歓談しています。

趣旨
人々が楽しみのために集まることや、楽しみのための集まりそのもの、ハレの日などを意味します。自分と同じ情熱をもつ人々との交流を介して、さまざまな可能性が望めるときなどを表すカードです。

杖の4のカード

杖の4(正位置)
~気の合う仲間との楽しい時間を過ごせる時~

キーワード
パーティー会場・人が集って賑やかな所・同じ趣味の人が集まる所・興味をそそる飲み会、合コン、お祝いの席

意味・解釈
正位置の「杖の4」は、人々が楽しい時間を過ごせることを心から期待して集うこと、また、気の合う人々との楽しい交流が望める時などを意味しています。 そのような場に自ら飛び込んで行くもよし、自ら企画するもよし、そのような集まりの誘いを受けるもよしのタイミング、あるいは、そのようなことを望んでいるというタイミングです。

このカードはあなたに、のりの合う人たち、共通する趣味を持っている人たち、同じ夢を持っている人たちと集い、その機会を心から楽しみましょうと伝えています。 ただ楽しむということを目的とした集いは、さまざまな人との繋がりや、自分の中にこれからの展望などを生み出します。同じ情熱を持つ人たちとの交流は、常に刺激と熱いエネルギーに満ちています。それは、非常に創造的で、人の持つ無限の可能性を実感させられる機会でもあります。



杖の4(逆位置)
~義務感から集まる時、意味のない集まりとなる時~

キーワード
中身のない集会・形だけの賑やかさ・心から楽しめない集まり・義務感からの参加

意味・解釈
逆位置の「杖の4」は、本当は乗り気じゃないのに集まっている人たち、あるいはそのような集まり、形骸化した集会などを意味します。 お互いが情熱的に夢や希望を語ったりする場として設けられた機会が、しらけた雰囲気の漂う、形だけのものとなってしまっている状態です。

このカードはあなたに、自分の本当の情熱に従いましょうと伝えています。人生において、付き合いや、和を保つことや、のりの良さを表現することより大切なことは、自分の価値判断や好みに正直な選択をするということです。それは自分の人生を生きるということにも繋がります。まずは日常の小さなことから、自分の本心・情熱と、発言・行動とを結びつけていきましょう。

 

杖のスートにおける各タロットカードの意味

 


この記事を読んだ人におすすめのコラム

>> 鏡リュウジ 「ようこそ、タロットの世界へ」
>> 杯のカード
>> 剣のカード
>> 硬貨のカード
>> 大アルカナ

 

    comments powered by Disqus