facebook twitter
Welcome!

小アルカナの硬貨の騎士について。そのキーワードと意味、正位置・逆位置の場合の解釈の仕方について見ていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

硬貨の騎士

Knight of Pentacles

Shinju
硬貨の騎士の意味|無料のタロット占いサイト Tarot.com Japan

絵柄の意味
右手に硬貨を持った騎士が、どっしりとした体格の馬にまたがり彼方を見つめている様子が描かれています。どっしりと地面に足を着けた馬の様子は、そのまま騎士のタイプを表しています。

趣旨
マイペースで安定感のある20代後半~30代の青年、地道な努力ができる人物、自分や他人のそのような状態などを意味します。素朴で真面目な男性を象徴してよく表れるカードですが、本質的な努力ができる女性を指す事もあります。目標に向かって実際的な行動している時に表れるカードです。

硬貨の騎士

硬貨の騎士(正位置)
~目標達成や夢の実現への理にかなった行動が実を結びやすい時~

キーワード
真面目な青年・安定志向・慎重派・現実的・実質主義・地道な努力・マイペース・堅実かつ要領のよいやり方・資産運用や管理が上手

意味・解釈
正位置の「硬貨の騎士」は、安定志向の20代後半~30代の青年や、本質的な行動ができて慎重派の人物、あるいは、自分や他人の着実に物事を進めたいという思いなどを意味しています。流行や人の噂に左右されず、自分の頭で考え、堅実な行動をとることができます。税理士、会計士など金銭を扱う士業に就く人に多く表れるカードです。

このカードはあなたに、マイペースで確実に歩を進めましょうと伝えています(硬貨の騎士が自分を象徴している場合)。先を急ぐ事より1つ1つのプロセスを確実にこなしていく事、頭の中でシミュレーションをする事より動く事が大事なタイミングです。安定、確実、信頼から想起される振る舞いやシチュエーションが功を奏します。硬貨の騎士が男性を象徴している場合は、相手は仕事や家を大事にする、結婚相手に向いた人物と言えるでしょう。



硬貨の騎士(逆位置)
~目的や目標を見失っている時~

キーワード
目的を見失う・どこに向かえばよいかわからない・自分から動く気はない・頑固な若者・損得勘定が過ぎる・鈍重

意味・解釈
逆位置の「硬貨の騎士」は、「ゴール」を見失い足踏み状態の20代後半~30代の男性、「お尻が重い」人物、あるいは、自分や他人の融通が利かない頑固さを意味しています。プロセスを選ぶ事に夢中になりすぎて、どこに向かっていたか忘れてしまっていたり、歩みを止めてしまったり、確実性を重視し過ぎて保守的になり過ぎてしまっている状態です。

このカードはあなたに、原点に立ち返りましょう、あなたはどこに向かっていましたか? と尋ねています。成し遂げたい、辿り着きたいと思った「ゴール」を思い出して下さい。まずは一歩進むことで、確実性の高い次のステップが見えてきます。自分の選択眼に自信を持ってください。あなたが女性で硬貨の騎士が男性を象徴しているならば、相手は自分から動く気はないようです。相手の信頼を築くべく、あなたからこまめなアプローチをすることが肝要です。

 

硬貨のスートにおける各カードの意味

 


この記事を読んだ人におすすめのコラム

>> 鏡リュウジ 「ようこそ、タロットの世界へ」
>> 杖のカード
>> 杯のカード
>> 剣のカード
>> 大アルカナ

 

    comments powered by Disqus