facebook twitter
Welcome!

小アルカナの剣の従者について。そのキーワードと意味、正位置・逆位置の場合の解釈の仕方について見ていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

剣の従者

Page of Swords

Shinju
剣の従者の意味|無料のタロット占いサイト Tarot.com Japan

絵柄の意味
剣を持った少年が、彼方を見据えて荒野にたたずむ様子が描かれています。
彼は、王、女王、騎士に仕える従者で、周囲に警戒しながら、剣を操るトレーニングをしているところです。

趣旨
トレーニングや勉強に励んでいる人物、周囲からの評価が気になる若者などの人物か、自分や他人のそのような状態を意味します。主に10代~20代前半の若者を指して表れます。誇りをもって何かに励んでいる時に表れるカードです。

剣の従者

剣の従者(正位置)
~技術の研鑽や習得に、集中して取り組んでいる時~

キーワード
試験勉強中・試行錯誤・手元に集中している・ブラッシュアップ・緊張ぎみ・気を張っている・最善の道を模索している

意味・解釈
正位置の「剣の従者」は、何かに集中して取り組んでいる10代~20代前半の人物、あるいは、自分自身がそのような状態にある事、そうしたいと思う気持ちなどを意味しています。剣が象徴する「知力・集中力・思考力」で、自らのスキルを向上させようとしている状態です。

このカードはあなたに、言葉の選び方、賢いやり方を身につけ、集中力を磨きましょうと伝えています(剣の従者が自分を象徴している場合)。あなたの「知力・集中力・思考力」にはまだ伸び代があり、今がブラッシュアップに最適な時期である事を、このカードは告げています。習い事や、資格取得のための勉強を始めるのにもよいタイミングです。このカードが30代以上の人物を指して表れた場合は、その人物は思考力・集中力に成長の余地がありそうです。



剣の従者(逆位置)
~集中力が散漫になっている時、周りの目を気にしすぎている時~

キーワード
集中力に欠く・注意力散漫・思慮不足・独りよがりな考え・稚拙な考え・緊張・計画を練り直す必要がある

意味・解釈
逆位置の「剣の従者」は、気が散りやすく、過度に人目を気にしている10代~20代前半の人物や、自分自身のそのような発言や態度を意味しています。自分の未熟な部分を許せなかったり、受け入れられなかったりする事が、周囲からの評価を過大視させ、ぎくしゃくとした言動や、卑屈な態度となって表出している状態です。

このカードはあなたに、目の前の事に集中しましょうと伝えています(剣の従者が自分を象徴している場合)。そのためには、自分に未熟な部分がある事を認め、受け入れる事が大事です。自分の本心に「そう思っていいのだ」とOKを出しましょう。等身大の自分を受け入れた時、あなたの集中力は真の力を発揮します。剣の従者が30代以上の人物を象徴している場合は、その人は自分の未熟な部分を認め、自意識をコントロールする術を身につける必要があるでしょう。

 

剣のスートのそれぞれのカードの意味

 


この記事を読んだ人におすすめのコラム

>> 鏡リュウジ 「ようこそ、タロットの世界へ」
>> 杖のカード
>> 杯のカード
>> 硬貨のカード
>> 大アルカナ

 

    comments powered by Disqus