facebook twitter
Welcome!

小アルカナの剣(ソード)の7について。そのキーワードと意味、正位置・逆位置の場合の解釈の仕方について見ていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

剣の7

Seven of Swords

Shinju
剣(ソード)の7の意味|無料のタロット占いサイト Tarot.com Japan

絵柄の意味
兵士が野営をしているテントから、剣を持ち出そうとしている人物が描かれています。
彼は、5本の剣を抱え、抜き足差し足で進みながら、振り返って残した2本の剣を見ています。

趣旨
一人で賢く立ち回る事や、そのスキルを意味しています。剣が象徴する思考、言葉、集中力を、自分が得をするために使う事を表すカードです。

剣(ソード)の7

剣の7(正位置)
~クレバーに立ち回れる時、自分だけが得をしたい時~

キーワード
クレバーな人物・周囲を出し抜く・当人だけが得をする・賢く立ち回る・トリックスター・一人勝ち・ずる賢い・機転が利く・知恵者・企て・頓知を利かせる・隠密行動

意味・解釈
正位置の「剣の7」は、クレバーな行動や、賢く立ち回って都合の良い状況を作ろうとしている時などを意味しています。このような「ちょっとずるい」人物が、明るい黄色を背景にして、ちょっとおどけた風に描かれているところに、タロットカードの懐の深さとユーモアが感じられます。

このカードはあなたに、賢く立ち回りましょう、きっとうまくやれますと伝えています。今は協調よりも単独行動が、生真面目なやり方よりも頓知を利かせた振る舞いが吉と出ます。結果として、それが関わる皆のためになる時もあるでしょう。誰かの行動や考えを指して表れたときは、相手はあなたを出し抜き、自分の都合の良い状況を作ることを考えているようです。その事に心がちくりと痛むなら、お互いへの信頼度や、相手との今後の付き合い方について考えてみる必要があるかもしれません。



剣の7(逆位置)
~仲間に力を借りる必要がある時~

キーワード
一人ではうまくいかない・隠密行動がばれる・計画の甘さが露呈する・一人でやろうとしない

意味・解釈
逆位置の「剣の7」は、独りよがりな行動が露呈した状況や、周りの人の力を借りた方が良い時などを意味しています。抜け目なく行動をするには、まだ力が足りず、周囲の人に手の内を見透かされていたり、あなたよりも一枚上手(うわて)の人物がいたりするのかもしれません。

このカードはあなたに、成果をあげるためには、周りの人の力を借りる事が必要ですと伝えています。剣が象徴する考え、知恵、情報、企画力を補ってもらったり、支えてもらえるよう、周りの人に頼みましょう。それはよりよい成果をあげるためだけでなく、あなたのやり方のブラッシュアップや、思考力の向上にも繋がります。また、誰かの行動や考えを指して表れたときは、相手は近々「ぼろを出す」ことになるかもしれません。あなたと特別な関係を結んでいる相手なら、一度本心を問いただしてみる必要があるでしょう。

 

剣のスートのそれぞれのカードの意味

 


この記事を読んだ人におすすめのコラム

>> 鏡リュウジ 「ようこそ、タロットの世界へ」
>> 杖のカード
>> 杯のカード
>> 硬貨のカード
>> 大アルカナ

 

    comments powered by Disqus