facebook twitter
Welcome!

小アルカナの剣(ソード)の10について。そのキーワードと意味、正位置・逆位置の場合の解釈の仕方について見ていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

剣の10

Ten of Swords

Shinju
剣(ソード)の10の意味|無料のタロット占いサイト Tarot.com Japan

絵柄の意味
大地に横たわった人物に、剣が刺さっている様子が描かれています。
彼方の空が明るくなってきている事から、夜明け直前である事がわかります。

趣旨
自分のこれまでの発言や行動が、自分自身を苦しめている事を意味します。後悔や自責の念を感じている事を表すカードです。

剣(ソード)の10

剣の10(正位置)
~頭に頼りすぎた事が、自分を苦しめている時~

キーワード
後悔・自責の念・罪悪感・精神的苦痛・自己否定・自分で自分を追い詰める・頭に頼りすぎている・立ち直るには手助けが必要

意味・解釈
正位置の「剣の10」は、自分で自分を責めている時や、強い精神的苦痛を味わっている時などを意味しています。描かれている剣の1本1本は、この人物の考えや発した言葉を象徴しています。「あんな事を言わなければよかった」「こうしなければよかった」と打ちひしがれている状態です。

このカードはあなたに、自分を苦しめるのをやめましょうと伝えています。10は、状況を変えるには人の手を借りねばならない段階を表す数字です。信頼できる人に話を聞いてもらったり、実際的なアドバイスを乞いましょう。前向きなあきらめ=受容に至り、じわじわと力が戻って来るはずです。同じ事を繰り返さないために、頭に頼りすぎるやり方を改め、時には後先考えず飛び込んでみる事(杖の要素)、情を大切にする事(杯の要素)、時間をかけて確実に歩を進める事(硬貨の要素)を取り入れる事も大事でしょう。



剣の10(逆位置)
~精神的に苦しい状態から抜け出せる時~

キーワード
精神的苦痛から抜け出す・しんどさの中に希望が見えてくる・再び希望を持ち立ち上がる・思考重視の考えを改める

意味・解釈
逆位置の「剣の10」は、自責の念からの解放や、思考に偏っていたものの見方を改めようとする事などを意味しています。カードの奥に描かれた「夜明け」の時が訪れた状況を表し、辛く苦しい期間は終わり、立ち上がって再び歩き出せるようになる事を、あなたに知らせています。

このカードはあなたに、同じ事を繰り返さないための対策を実行しましょうと伝えています。一連の経験はあなたに何を学ばせたでしょうか? 同じ轍を踏まないためにも、思考、予測、理屈重視の考え方、言い方、やり方を改める必要があります。杖が象徴する「情熱・意欲・衝動」、杯が象徴する「感情・愛情・心地よさ」、硬貨が象徴する「マイペース・確実性」の価値を見直し、取り入れていきましょう。頭に頼らないやり方や、柔軟さを身につけることが大事です。頭の回転の速いあなたなら、その価値を十分に理解できるはずです。

 

剣のスートのそれぞれのカードの意味

 


この記事を読んだ人におすすめのコラム

>> 鏡リュウジ 「ようこそ、タロットの世界へ」
>> 杖のカード
>> 杯のカード
>> 硬貨のカード
>> 大アルカナ

 

    comments powered by Disqus