facebook twitter
Welcome!

小アルカナの杖(ワンド)の3について。そのキーワードと意味、正位置・逆位置の場合の解釈の仕方について見ていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

杖の3

Three of Wands

Shinju
杖(ワンド)の3の意味|無料のタロット占いサイト Tarot.com Japan

絵柄の意味
右手に棒をもった人物が、丘の上から海を見下ろしている様子が描かれています。彼は貿易商を営む商人で、自分の管理する商船が、海を行き交う様子を眺めています。

趣旨
より自由度の高い立場の、より高い視点を獲得できることを意味します。取り組みのグローバル化や、より大きな展望を描ける時などを表すカードです。

杖の3のカード

杖の3(正位置)
~自分のしたいことを、より大きな規模で望める時~

キーワード
世界観が広がる・対象地域が広い・グローバルな視点・部長クラスの人物

意味・解釈
正位置の「杖の3」は、より自由な立場で、より広い範囲を対象としたアクションを起こすことができる状態を意味しています。 「杖の2」は、建物の上に立っていましたが、「杖の3」では、小高い丘の上に立っています。このことは、建物が象徴する「所属先」から自由になり、自らの意思でどこへでも行ける立場となったことが示されています。

このカードは、これまでの成果と経験を、より大きなフィールドで生かせるチャンスが訪れていると伝えています。 今までの自分なら尻込みしていたかもしれない、まったく新しい世界へ飛び込んでみることや、より大きな規模での望み、希望の現実化を目指すことで、毎日をより色鮮やかで、エネルギーに満ちたものに変えることができるでしょう。



杖の3(逆位置)
~情熱の炎が小さくなってしまった時~

キーワード
野心がなくなる・モチベーションの低下・これ以上の発展を望まない・妥協

意味・解釈
逆位置の「杖の3」は、視野を拡げることができず、自分の知らないことや、未知の世界への好奇心を失うことなどを意味します。 過去の栄光や、失敗だと思っていることにこだわりすぎたり、高望みすることを無意識に自分に禁じていたりすると、情熱の炎を弱め、妥協の道を選ぶことになってしまいます。

このカードはあなたに、少しばかり天狗になってもいい、もっと自分の可能性に自信を持ち、それに賭けてみてもよいのではないかと伝えています。 大きなことを考えようとするとき、自分の中でどのようなストッパーが動くのかを観察して、まずはそのストッパーが動くことにOKを出してください。その上で、自分は本当はどんな夢や希望や展望を持っているのかに、フォーカスしてみましょう。自分が意欲的になること、情熱的になることを許しましょう。自分が真に自由な立場で、なんでもできる力が備わっているなら何をしてみたいかを、自分の胸に問うてみましょう。

 

杖のスートにおける各タロットカードの意味

 


この記事を読んだ人におすすめのコラム

>> 鏡リュウジ 「ようこそ、タロットの世界へ」
>> 杯のカード
>> 剣のカード
>> 硬貨のカード
>> 大アルカナ

 

    comments powered by Disqus