facebook twitter
Welcome!

小アルカナの硬貨(ペンタクル)の2について。そのキーワードと意味、正位置・逆位置の場合の解釈の仕方について見ていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

硬貨の2

Two of Pentacles

Shinju
硬貨(ペンタクル)の2の意味|無料のタロット占いサイト Tarot.com Japan

絵柄の意味
両手に硬貨を持った人物が、海の近くでお手玉をしている様子が描かれています。無限大のマーク(レミニスケート)は、2者の間で続く無限のやり取りを表しています。

趣旨
2者間でのやり取りの状況を意味します。やり取りのスムーズさや、レスポンスの良さを表すカードです。

硬貨の2

硬貨の2(正位置)
~信頼関係の礎となる、何気ない気楽な交流を楽しめる時~

キーワード
小さな交流を楽しむ・メールや手紙の返事が来る・こまめなアプローチ・肩の力を抜いて気軽にやる・遊びを取り入れる・状況に慣れる・変化を楽しむ

意味・解釈
正位置の「硬貨の2」は、2者間のスムーズな交流などを意味しています。硬貨は物質の象徴ですから、メール・手紙などの「物」を使ったコミュニケーションが上手くいきやすいタイミングでもあります。他には、日常生活において金銭のやりくりを上手にできる事、何気ない日常会話や近況報告が、信頼関係を結ぶ事にプラスに働く事などを指して、このカードは表れます。

このカードはあなたに、気軽なやり取りや、「物」を使ったコミュニケーションを楽しみましょうと伝えています。親しくなりたい相手には、深刻な話をシリアスなムードで語るよりも、毎日の中での小さな発見や、日常に役立つ話題を気軽な雰囲気で語る事で、「気の置けない仲間」としての信頼を獲得する事ができるでしょう。あなたの状態を指して表れたなら、遊び心を持って取り組む事がカギとなります。肩の力を抜き、今の状況を楽しみましょう。



硬貨の2(逆位置)
~やり取りが一方通行になっている時、連絡が滞りがちな時~

キーワード
やり取りがスムーズにいかない・一方通行・気まぐれな対応 ・状況の変化に振り回される・コミュニケーションが思ったようにいきにくい

意味・解釈
逆位置の「硬貨の2」は、コミュニケーションが一方通行である事や、些細な出来事や変化に振り回される事などを意味しています。メールや手紙の返事がなかなか来なかったり、その事を気にしてしまいがちです。小アルカナですから、日常的な出来事なのですが、近視眼的になってしまい、事を大きく捉えてしまっている状態です。

このカードはあなたに、今はスムーズに行きづらい時期です、自分に出来るだけの事をしたら、後は運を天に任せましょうと伝えています。何をしても変化が起きにくい時はあります。流れは一人一人の自由意志や、置かれている状況、条件などが重なりあって生まれているからです。このカードが表れたときは、他の事に目を向けて、1日を楽しく過ごす事にエネルギーを注ぎましょう。気持ちを切り替える事で、今の状況の新しい見方ができるようにもなるはずです。

 

硬貨のスートにおける各カードの意味

 


この記事を読んだ人におすすめのコラム

>> 鏡リュウジ 「ようこそ、タロットの世界へ」
>> 杖のカード
>> 杯のカード
>> 剣のカード
>> 大アルカナ

 

    comments powered by Disqus