facebook twitter
Welcome!

小アルカナの剣(ソード)の2について。そのキーワードと意味、正位置・逆位置の場合の解釈の仕方について見ていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

剣の2

Two of Swords

Shinju
剣(ソード)の2の意味|無料のタロット占いサイトTarot.com Japan

絵柄の意味
目隠しをした人物が、両腕をクロスさせて2本の剣を持ち、椅子に腰かけている様子が描かれています。
凪いだ海、月、V字に構えた剣は、この人物の精神状態が均衡を保っている事を表しています。

趣旨
バランスを保つ事と、緊張感を意味します。2つのもののバランスを取りつつ保持する事や、そうしながら外部の変化を待っている状態を意味します。

剣(ソード)の2

剣の2(正位置)
~2つのもののバランスを取る事ができる時~

キーワード
冷静・緊張感・静観・2つのもののバランス・外の動きを待つ・自分の置かれている状況がわからない

意味・解釈
正位置の「剣の2」は、自分が関わっている2つの事のバランスがとれていること、高い集中力が保たれている状態などを意味しています。騒々しい環境でも、高い集中力で手元の事にエネルギーを注ぐ事ができ、物事を冷静に考えることができます。周りの事をよく知らなかったり、情報が入ってこない事が、その状況を強化している部分があります。

このカードはあなたに、手元に意識を集中させ、冷静さをもってバランスを取ることが大事ですと伝えています。あなたと他人、感情と思考、プライベートと仕事、2つの役割、2つの仕事など、「あなたが関わっている2つの事」に注ぎ込むエネルギーや時間、経費などが片方に偏ることのないよう、冷静に状態を把握し、調整を図りましょう。今はそれが具体的にどんな役に立っているのかがよくわからないとしても、いずれ「目隠し」が外された時、その「効果」や「成果」を知ることになるでしょう。



剣の2(逆位置)
~2つのもののバランスがうまくとれていない時~

キーワード
バランスが崩れる・集中力が途切れる・均衡を破る・状況を把めない事への不満や不安や苛立ち・動揺

意味・解釈
逆位置の「剣の2」は、集中力が途切れたために均衡が破られた事や、感情のバランスを失った事などを意味しています。目隠しがゆるみ、隙間から見えた外の状況に気がそれた状態です。自分が支えているものの重さが急に増したように感じられたり、自分が置かれている環境や状況に不安や恐れを感じ、手元に集中できなくなった事などを指して、このカードは表れます。

このカードはあなたに、深呼吸をして、自分の手元に集中しましょうと伝えています。周りに気を取られないよう、目の前の事に意識を集中させましょう。自分の置かれている状況に不満を感じたとしても、この状況は一時的なものです。あなたの人生や、心身に大きな影響を及ぼすものとはならないでしょう。しかし、この事が日常の一部に組み込まれることや、日常的に繰り返されることを善しと思えないならば、均衡を保ち続けなければならない状況自体を見直す必要があるかもしれません。

 

剣のスートのそれぞれのカードの意味

 


この記事を読んだ人におすすめのコラム

>> 鏡リュウジ 「ようこそ、タロットの世界へ」
>> 杖のカード
>> 杯のカード
>> 硬貨のカード
>> 大アルカナ

 

    comments powered by Disqus