facebook twitter
Welcome!

大アルカナのタロットカードについて、1枚1枚、その歴史を振り返っていきます。今回は、「愚者」のカードについて。辿ってきた変遷には悲哀すら感じられますが、秘められた意味はとても深いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

愚者のカード~己を悟るための第一歩~

A card-by-card look at the Major Arcana: The Fool

Christine Payne-Towler
愚者のカード|無料のタロット占い・タロットカードのサイト|Tarot.com Japan

愚者」のカードは、大いなる変化の歴史を持っています。オリジナルの絵柄は乞食であり、手足に不自由はないものの、虚ろな表情で、ぼろを身にまとい、もじゃもじゃの髪の毛に鳥の羽をつけています。(Pierpont MorganBergamo Visconti-Sforza tarocchi, 14世紀中頃)。 

スチュアート・カプランは、彼の「愚者」についてのエッセイ (Encyclopedia of Tarot, Volume 2, pp. 158- 9) で、白いシャツとズボン、だらしなく下がっている靴下、髪またはベルトに飾られている羽が持つ意味について考察し、これらは全て、タロットが誕生したルネッサンス期のイタリアで春に催されていたカーニバルの期間中の、「レント」の精神に関連しているとの見解を示しています。

*レント:キリスト教の四旬節。灰の水曜日から復活祭(イースター)までの、日曜日をのぞく40日間。イエス・キリストが荒野で断食をしたのを記念し、断食やざんげを行う。

 

1459年版のマンテーニャ・タロットでは、人間としての最低レベルの生活が描かれ、みじめさを表しています。傷を負って、疲労しきった乞食が、犬に攻撃されているのです。

同じ時代のタロットは、このような困窮ぶりの原因を、絵柄で論じようとしました。シャルル6世のタロットデッキ(1470年)では、気違いじみた男が、ベルとウサギの耳がついたデザインの縁付き帽子をかぶり、ぼろぼろに裂けたシャツを着て、下帯を巻いており、路上で少年たちにからかわれている様子が描かれています。

 

他方、エルコレ・デステ(1475年)は、愚者を欲望の餌食として描き、小さな男の子たちが彼の下帯を引き下げて、飽くなき性的興奮をあらわにするという絵柄になっています。明らかに、15世紀にこのアーキタイプ(元型)において表現された人物には、全く敬意が払われていないのです。

翌世紀になるまでには、このキャラクターは、そのエンターテインメントの潜在能力を道化師として装うことでうまく活かすようになります。そしてトレードマークとなっているマルチカラーの衣装を着て、操り人形の頭の飾りのついた手品師の杖を持っています。(作者不詳:Parisian deck, 16世紀初頭)。けれども、愚か者というイメージは消え去っていません(Mitelli, 1664)。

 

マルセイユ版(1748年)では、エンターテイナーと愚か者を融合させた絵柄になっており、マルチカラーの衣装を着て、おなじみとなった歩き去ろうとするようなポーズをとっています。そして、噛み付こうとしている犬が、彼の背後からズポンを引き下げているのです。 クール・ド・ジェブラン(1781年) と エッティラ (17世紀後半)の愚者でも、全く同じイメージを踏襲しています。1750年の Tarocco Siciliano cardsでは、「愚者」のカード(0番)と「Miseria」(悲劇 番号なし)のカードに分けられており、どちらもおまけとしてデッキに含まれています。

 

それから100年後、エッティラ版の「愚者」は、錬金術師に変身を遂げています。依然として、伝統的な道化師の衣装をまといながらも、自分の手で目を覆い隠しながら、ためらいがちに前へと歩いているのです。このカードに込められたコンセプトは、アレクサンドリア版の、盲目の愚者のカードでいっそう明らかになってきます。このカードで、愚者は倒れたオベリスクの破片につまずき、暗がりではワニが隠れて待ち伏せをしています。このような愚者のカードは全て、無知で、最も基礎的なニーズと欲求に突き動かされており、そして貧困と欠乏の中に生きるしかない人物を包括的に描写しているのです。良くて、カーニバルの芸人かいかさま師、最悪では、自分の妄想のために自己を失い、無防備な状態に陥ってしまっています。

 

20世紀になり、ウェイト版で初めて、この人物が、物質欲に溺れ、街で堕落し、病いに落ちる以前の様子を見る事になります。現代のタロットデッキは、山沿いの景色や蝶、愚者を転ばせてしまうかもしれない不適切な一歩といった要素を、ウェイト版のイメージから引き継いでおり、これが歴史的な「愚者」のイメージだと信じらています。本当は、愚者のカードは、すでに堕落した人間が、己を悟るための第一歩を踏み出そうとすることを示しています。

 

by Christine Payne-Towler

 

関連コラム

愚者は愚か者ではない


この記事を読んだ人におすすめのコラム

>> 鏡リュウジ 「ようこそ、タロットの世界へ」
>> 【無料のタロット相性占い】このままの恋愛を続けて大丈夫?
>> 【無料のタロット占い】相手の気持ちはあなたと同じ?

 

    comments powered by Disqus